Blog Archives

夢は見るものではなく、叶えるものなのですね。 

10月 6th, 2010 at 10:33 AM » Comments (1)

はじめまして 三國正則と申します。 ビジネス活性化協会ECmeetingという異業種交流会を主宰しております。 仕事はブライダル関係の連盟(日本ブライダル情報機構NBIO)を代表と 共に立ち上げお手伝いをしております。 石田直樹さんの紹介で9月28日の実行委員会の打合せに参加させていただきました。 石田さんとは新潟青年会議所で知り合い、以後色々なところでお世話になっています。 主宰する異業種交流会も運営役員、副代表として貴重なご意見をいただいており とても頼りにしている方です。 その石田さんから”植松専務のロケット”の話を聴きました。 自分なりにアンテナを張って書籍もそれなりに読み情報を取り込んでいる つもりでしたが、”つもり”だったのです。 植松専務はノーマークでした。 ノーマークというより恥ずかしい話、知らなかったといったほうが正しい表現 かもしれません。 自分なりに植松専務について調べとても興味が湧き今回参画させていただきました。 講演会当日まであと10日ほどですね。 新潟での講演会が植松専務の記憶に特に残ればと…と願い、考えております。 そして、講演会の成功は勿論ですが事故、怪我などが無いように努めることも 実行委員会の役目かなっと。 講演会に参加した人達が植松専務からパワーをもらい、伝え、みんなが夢を持ち叶え、新潟そして日本中が元気で溢れかえってほしいと思っています。 私自身、この講演会をとても楽しみにしています。 短い期間ですが関わらせていただき光栄に思っております。 今後とも宜しくお願いいたします。 more »

天気予報

10月 6th, 2010 at 12:10 AM » Comments (0)

事務局長の市橋です。 最近、めっきり寒くなりました。 風邪引きそうです。 先週は、友人の結婚式で沖縄に行ってきて暖かい思いを したただけに、この寒さはこたえます・・・ いよいよ来週の土曜はモデルロケット教室、そして講演 会があります。 当日はどんな天気なんだろ。 晴れるといいな。 あ、そうだ。 天気予報を調べてみよう! と思い、ウェブで検索したところ、1週間先までしかわ からない・・・ ここでふと考えました。 「なんで一週間先までしか天気予報やってないんだろ???」 調べたところ、それは「気象庁が禁止しているから」ら しいということがわかりました。 じゃあ外国のサイトに行けばいいのか! と、短絡的に外国のお天気サイトで調べてみると・・・ ありました。 Saturday 10/16/2010 Times of sun and clouds High Temperature: 68°F RealFeel: 68°F どうやら、快晴とはいかないようですが、雨はなさそうです。 僕にできることは、この天気予報を信じることだけです(笑) ------------------------------------------- 「どうせ無理‥」から抜け出すきっかけをあなたに。 <植松努氏講演会> 日時:平成22年10月16日(土)15:00~17:00(受付14:30~) 会場:新潟小学校 体育館(新潟市中央区東大畑通1番町679番地) 定員:700名(先着順ですのでお早めにお申し込みください) 参加費:2,000円 詳しくはこちらをご覧ください。 more »

最善を尽くすということ

10月 3rd, 2010 at 9:23 PM » Comments (0)

事務局長の市橋です。 今日、仕事をしていると先輩が声をかけてくれました。 「市橋さん、モデルロケット教室に子どもを連れて行きたいんだけど・・・」 !! マジっすか!!! 先輩は遠方に住んでいるから、モデルロケット教室の案内しなかったのに! なのに、人づてにモデルロケット教室のことを聞いたらしいんです。 さらに、その先輩は、お友達親子と来てくれる様子。 さらにさらに、そのお友達親子は、午後の講演会も聴きに来てくれるとのこと。 さらにさらにさらに、午後の講演会は、お子さんが(←ココ重要)行きたいって言っているとのこと。 私は感動しました。 誘っていなかった先輩のところにモデルロケット教室の話が届いていたこと。 先輩のお友達親子までモデルロケット教室に来てくれること。 お子さん自らが午後の一般向け講演会(午前のモデルロケット教室は小中学生対象)に来 たいと言ってくれてること。 とても嬉しかったです。 だからこそ、当日は多くの方が喜んでもらえるような講演会にしたいなと思いました。 まあ、喜んでもらえると言っても、私が講演するわけじゃないんですけど、来てくださった 方が満足して帰っていただけるように、会場準備や案内や盛り上げなど、最善を尽くしたい なと、改めて思いました。 一流とはいかなくとも、最善を尽くした接客で皆様をお迎えしたいなと思いました。 どうか、10月16日は、感動で溢れますように。 <植松努氏講演会> 日時:平成22年10月16日(土)15:00~17:00(受付14:30~) 会場:新潟小学校 体育館(新潟市中央区東大畑通1番町679番地) 定員:700名(先着順ですのでお早めにお申し込みください) 参加費:2,000円 詳しくはこちらをご覧ください。 more »

私が専務の本で泣けたところ

10月 1st, 2010 at 6:44 PM » Comments (0)

私が専務の著書「NASAより宇宙に近い町工場」で泣けたところは、青年会議所のボランティア活動の際に親に虐待を受けているにもかかわらず、やっぱり親に会いたいと言う子どものことを専務が書いている部分です。こんなにも”けなげ”に生きている子どもの可能性を奪う親は許せないと専務は最近のブログのなかでも義憤を爆発させています。地球上でどれほどの弱い立場の子どもたちが日々可能性を奪われていることか。専務はそれと戦っているとも言えます。北海道で目撃した専務の、子どもを大切にする態度は尋常ではなかったことを思い出します。もうすぐ専務が新潟にやってきます。新潟の子どもが一人でも多く可能性いっぱい自分の花を咲かせることになればと願っています。もちろん大人もね。(後藤一安) more »

新聞に!

10月 1st, 2010 at 10:00 AM » Comments (3)

事務局長の市橋です。 9月30日(木)の新潟日報(地方紙)に、当会のことが 取り上げられました! まさかホントに記事になるとは! さて、ここでお知らせです。 10月16日は、午後3時からの講演会だけでなく、実は、 午前中に小中学生向けのモデルロケット教室を企画してお りますので、ご案内いたします。(ついでに、午後の講演 会のことも、今さらですが、案内しちゃいます!) 1 モデルロケット教室  日時:10月16日(土)9:30~ (開場9:00)  対象:小、中学生  内容:植松専務の講話@新潟小学校(9:30~10:30)     モデルロケット製作、打ち上げ@二葉中学校(11:00~13:00)  定員:先着50組(一組あたり小中学生3人以内)  参加費:一組3000円  持ち物:内履き  申込み:参加者氏名、保護者代表氏名、連絡先、参加区分等を      明記のうえ、受付事務局までFAX(025-284-8733)           又はメール(yumerocket@enishiya.net)にてお申込み      ください。詳細はチラシのとおりです。      申込み後、事務局から返信がありますので、ご確認く      ださい。  その他:   ・小学生は必ず保護者が同伴してください。   ・保護者はモデルロケット製作及び打ち上げに参加すること    はできません。(見守ってあげてください)   ・講話のみに参加することもできます。(ただし、小中学生    及びその保護者に限ります。人数に制限はありません。)   ・モデルロケット教室の終了時刻は、13:00を過ぎるこ    とがありますので、ご了承ください。   ・お車での来場はご遠慮ください。自転車もお控えください。         2 講演会  日時:10月16日(土)15:00~ (開場14:00※)  対象:植松専務のお話を聴きたい方  会場:新潟小学校  定員:先着700人  参加費:一人2000円  申込み:http://yumejitu.com/ からお早めにお申し込みください。 ※開場時間を早めました。 <植松努氏講演会> 日時:平成22年10月16日(土)15:00~17:00(受付14:30~) 会場:新潟小学校 体育館(新潟市中央区東大畑通1番町679番地) 定員:700名(先着順ですのでお早めにお申し込みください) 参加費:2,000円 詳しくはこちらをご覧ください。 more »

0を1にする能力。

10月 1st, 2010 at 12:49 AM » Comments (0)

みなさんこんにちは。 実行委員会の石田です。 会計事務所をやっているので、いろんな経営者の方とお会いします。 二代目経営者は1を10や100にする仕事をしますが、創業者に必要な能力は0を1にする仕事をすることが必要です。 そのためにはどのようにしたらよいのか? 植松さんの講演を聞くとその答えがわかると思います。 ぜひ聞きに来てください。 10月16日はAPECも開催されるので、市内は交通規制があると思います。時間に余裕を持って来てくださいね。 9月28日の夜に実行委員会が行われました。 午前中の子供向けのロケット打ち上げ、午後の講演会とかなり詳細部分まで打ち合わせをしました。 28日の実行委員会では、新潟日報さんに取材をしていただき、9月30日の朝刊に掲載されました。 見た人いますか? 小さいですが僕も映っていました。 自分は記事に気がつかなかったのですが、会社の人が見つけて持ってきてくれました^^。 もともと共通項のない人たちが植松さんという人を介して集まって、ここまで数カ月頑張ってきました。 より多くの人に植松さんの話を聞いてもらうためにもう少し頑張ってPRをしていきたいと思っています。 ——————————————- 「どうせ無理‥」から抜け出すきっかけをあなたに。 <植松努氏講演会> 日時:平成22年10月16日(土)15:00~17:00(受付14:30~) 会場:新潟小学校 体育館(新潟市中央区東大畑通1番町679番地) 定員:700名(先着順ですのでお早めにお申し込みください) 参加費:2,000円 詳しくはこちらをご覧ください。 more »

何のために??

9月 26th, 2010 at 10:38 PM » Comments (0)

今の日本は、世界やアジアの他の国に比して「夢や目標がない子供」の比率が 圧倒的に多いそうです。かたや、この20年で日本の国際的な評価は下がり続けました。 〇 一人当たりのGDPの世界ランキング  (2000年)3位 ⇒ (2008年)23位 〇 世界GDPに占めるシェアの推移    (1990年)14.3% ⇒ (2008年)8.9% 〇 I M D国際競争力(※)順位の変遷    (1990年)1位 ⇒ (2010年)27位 「夢や目標のない子供」の数と「国力」は比例、連動するのですね。 多くの識者が「教育」の重要性を主張している所以(ゆえん)です。 でも、教育の現場にいる先生や父兄にとっても、今は子供に「夢や目標」を 教えにくい時代かも知れません。それは大人自身が「夢や目標」が明確でない からではないでしょうか。子供は大人の鏡ですから。。。 「何のために夢や目標を持つのか?」 「何のために勉強するのか?」 「何のために働くのか?」 生きていく上で最も基本的で大事な事を、 問いかけられる植松さんのこの講演。 私自身も、お話を聴いて、改めてその目的が明確になりました。 先生方も、ご父兄の方も「子供たち」と一緒に聴きにきてみませんか。 答えが見つかることになるかも知れません。 実行委員、梶原でした。 ------------------------------------------- 「どうせ無理‥」から抜け出すきっかけをあなたに。 <植松努氏講演会> 日時:平成22年10月16日(土)15:00~17:00(受付14:30~) 会場:新潟小学校 体育館(新潟市中央区東大畑通1番町679番地) 定員:700名(先着順ですのでお早めにお申し込みください) 参加費:2,000円 詳しくは、こちらをご覧ください。 more »

それって、本当にあなたの夢?

9月 24th, 2010 at 12:06 PM » Comments (1)

こんにちは。実行委員の柳本です。 「やぎもとさん、10月16日に講演会があるんですけど、その会場で本を売っても らえませんか?」 「ええ、ぜひやらせてください。ちなみにどなたの講演会ですか?」 「植松 努さんの講演会です。北海道の植松電気の植松さん。知りません?」 「んー、残念ながらちょっと…」 「インターネットで調べてみてください。いろいろのってますから。」 「あ、はい。あとでみてみますね」 「いま、全国で引っ張りだこの方ですから、すぐわかると思いますよ」 「そんなに有名な方なんですか?」 「年間370本も講演してるそうですから」 「えー、それはすごいですね」 ということで、いつの間にか実行委員に加わっていました。 古町の考古堂書店の柳本です。よろしくお願いいたします。 医学書の専門書店ですが、いちおう「書店」なので、 雑誌からコミック、文芸書、旅の本、歴史の本、実用書、などなど、 なんでもあつかっています。 また、良寛さんをはじめ、地元新潟関連の書籍の出版もしています。 句集、旅行記、論文集など、自費出版もやらせていただいておりますので、 なにかありましたら、ぜひ、お気軽にご相談ください。 今回、実行委員のいろいろな方とのご縁でメンバーに加えていただきました。 植松さんのことはおはずかしながらよく知りませんでしたが、 実行委員のみなさんから入ってくる情報を総合すると、 先の見えないこの不安な時代にこそ、 聴いておかなければならないお話しなんだなぁとつくづく思います。 「あなたの夢は?」と聞かれたときになんと答えるか。 今は、ついつい現実的な、実現可能そうなことを私の「夢」として ありきたりに答えてしまっているような気がします。 「それって、本当にあなたの『夢』なんですか?」 と重ねて問われると、非常につらいところです。 植松さんの講演を聴いた後に、改めて私の「夢」ってなんだろうと 自分自身に問い直してみたいと思っています。 10/16のお話しが、今からとても楽しみです。 ------------------------------------------- 「どうせ無理‥」から抜け出すきっかけをあなたに。 <植松努氏講演会> 日時:平成22年10月16日(土)15:00~17:00(受付14:30~) 会場:新潟小学校 体育館(新潟市中央区東大畑通1番町679番地) 定員:700名(先着順ですのでお早めにお申し込みください) 参加費:2,000円 詳しくはこちらをご覧ください。 more »

今日は打ち合わせ

9月 22nd, 2010 at 1:54 AM » Comments (1)

事務局長の市橋です。 今回も深夜の更新・・・ 今日は、事務局の一部で打ち合わせを実施しました。 10月16日のスタッフの動きについて、長時間話し込んでしまいました。 ・・・結果的に、帰宅は深夜12時を回り、こんな時間に晩ご飯食べてい いものかと思うような時間でしたが、腹が減ってご飯食べてしまいました。 こうやって太って行くんですね(泣) 話は変わりますが、私はラーメンが大好きです。 新潟県内のラーメンはかなり食べた方ですが、新しいラーメン屋さんが イマイチわからないです。 そんな中で、私が愛して病まないのが、いわゆる「燕三条系」。 私はこのラーメンとともに育ちました。 植松専務が新潟にいらした際に、是非召し上がっていただきたい一品です。 個人的に仕込んでおこうかな・・・笑 ------------------------------------------- 「どうせ無理‥」から抜け出すきっかけをあなたに。 <植松努氏講演会> 日時:平成22年10月16日(土)15:00~17:00(受付14:30~) 会場:新潟小学校 体育館(新潟市中央区東大畑通1番町679番地) 定員:700名(先着順ですのでお早めにお申し込みください) 参加費:2,000円 詳しくはこちらをご覧ください。 more »

深夜の自己紹介

9月 19th, 2010 at 2:18 AM » Comments (0)

事務局長の市橋です。 どうも、深夜の更新が多いようです… 今日は、今さらながら、自己紹介してみたいと思います。 姓は市橋、名は「哲順」と書いて「あきのぶ」と読みます。 なかなかこの名前を読める人はいません。(汗 三人兄弟の長男で、現在29歳。(三十路直前!) 趣味はスポーツ、現在でもバスケットボールの現役プレー ヤーです。(クラブチーム所属) 高校までを新潟で、大学時代を北海道と東京で過ごし、 就職で新潟へ。(いわゆるUターン) 行政で働くことが決まった時点で、政治家の下でインター ンシップ。政治の世界のなんたるかを、少し見た気がしま す。 比較的頑固者の父と、元気者の母をもち、共働きの両親に 代わって、小さい頃から祖母に育てられてきました。 父はだいぶ頑固者で、その昔、母に向かって「俺はこの家 の長だから、俺に従ってもらわないと困る。俺が『カラス は白い』言ったら、皆は従わねばならない」という風なこ とを言ったことがあるとか、ないとか。。。(爆 父とは仲が悪いわけではないです。 先日も、ハゼを釣りに行った父から「大漁だ」と写真入り のメールが送られてきました(笑 仲が悪いわけではないのですが、意見が合わないところが いくつかあります。 そのうちの一つが「不確かなものへ挑戦する姿勢」です。 例えば進学とか就職とか、そういった身近なところで意見 は対立します。 父は、かなり用心深い性格です。それゆえに、私が進学先 や就職先を決めるときも、真っ先に  「どうせ無理だ。やめてしまえ」 という発想が出てきます。 父の場合は  「おまえには無理だからやめなさい」 というのではなく  「そんな大変なことしないで確実な道を歩みなさい」 という発想です。 たぶん、その背景には、きっと親としての愛みたいなもん があるのかもしれません。 でも、どちらも大差がないです。 どちらも、「必要とされている」とか「自分がしたい」と か、そういう考え方ではなくて、「どれなら自分ができる か」とう発想だからです。 私は、父のそういう姿勢には反対でした。 そして、今もそうです。 結局、そういう「不確かなものへの挑戦」を誰もがしなく なると、この世の中は衰退していってしまうでしょう。 そして、いつか回らなくなってしまうでしょう。 じゃあ、自分はやらないけど、誰かがやってくれるから、 それでいい・・・とは私には思えません。 この夢実現塾実行委員会に事務局長という形で参加して、 得るものがたくさんあります。 そして、しんどい思いもしてます。 周囲からは「なんでそんな思いしてまでやってるの?」と 言われます。 きっとこれは、私なりの「不確かなものへの挑戦」なんだ と思います。  あきらめない仲間を作ること  投げ出さない仲間を作ること  子どもたちが夢をあきらめない社会を作ること その先に、新潟の発展があればいいなと思います。 ------------------------------------------- 「どうせ無理‥」から抜け出すきっかけをあなたに。 <植松努氏講演会> 日時:平成22年10月16日(土)15:00~17:00(受付14:30~) 会場:新潟小学校 体育館(新潟市中央区東大畑通1番町679番地) 定員:700名(先着順ですのでお早めにお申し込みください) 参加費:2,000円 詳しくはこちらをご覧ください。 more »